アイプチから卒業【二重整形で綺麗な目元に変身】

目元を変える治療

微笑む女の人

美しく仕上げるコツ

一重まぶたを二重に変える美容整形手術を受ける人がたくさんいますが、それぞれの人の目元の状態に合った施術を受けるようにしないと、望み通りの状態になることができません。もともとまぶたが一重だった人の場合、まぶたの皮膚に二重のラインを入れてもらっただけでとりあえず満足してしまうことが多いです。しかし、新しい自分の顔に慣れてくるにしたがい、もっと別のやり方をしてもらえばよかったと後悔してしまうケースが少なくありません。特に、まぶたに脂肪がついて厚ぼったくなっている人が、その脂肪を処理せずに二重のラインを入れてしまったような場合は、後悔する確率が高くなります。そのような時は、まぶたを二重に整形するのと同時に、まぶたについている余分な脂肪を除去する整形手術を受けるようにするのが望ましいです。そうしておかないと、せっかく作った二重のラインの上にまぶたの脂肪が覆いかぶさってしまいます。そうなってしまっては、わざわざ費用をかけて目元の整形手術を受けた意味がなくなってしまいますので、注意する必要があります。また、ただ単純にまぶたを二重にするのではなく、目全体のバランスを整える整形手術を受けるようにするのが望ましいです。たとえば目の横幅が狭くなっている人は、目の横幅を広げる手術を受けるようにするとよいです。目の横幅を広くする方法には、目尻切開や目頭切開があります。目の縦横のバランスを考慮した手術を受けるようにすることで、黄金律に則った美しい目元に仕上げることが可能になります。

話題の施術

目頭切開や目尻切開、まぶたの余分な脂肪を除去する施術も受けつつ二重まぶたになりたいと考えている人は、切開法による整形手術を受けるのが一番です。ただし、皮膚にメスを入れる手術を受けるわけですから、術後しばらくの間は外出することができなくなってしまいます。なぜかというと、目元に強い腫れが生じてしまうためです。また、縫合糸が目立ちますので、抜糸が済むまでの間は会社や学校を休むことになると考えておくのが無難です。しかし、どうしても会社や学校を休むことができないという人もいます。そのような人は、埋没法による整形手術を受けるようにするとよいです。埋没法による手術であれば、メスで切らずにまぶたを二重にすることができます。糸を使ってまぶたを整形する方法であるため、術後の腫れがほとんど起こりません。また、患部の痛みも軽いので、日常生活への影響を必要最小限に抑えることが可能になります。ただし、まぶたに脂肪がついて厚ぼったくなっている人が埋没法による二重整形手術を受ける場合は、まず、まぶたの裏側の結膜に穴を開けて、そこから余分な脂肪を除去する手術を受けておく必要があります。そうしておかないと、糸で二重のラインをキレイに作ることができません。眼球を傷つけずに施術する必要がありますので、担当医には高い技量が求められることになります。ですが、肌の表面に傷跡を残すことなく涼しげな目元を作ることができるため、多くの人がこの方法を利用しています。ちなみに、粘膜の傷は治りが早いので、切開法による手術を受けた場合よりもダウンタイムが短くなります。