アイプチから卒業【二重整形で綺麗な目元に変身】

目の印象を改善

目元

どうやって変えるか

目が一重や奥二重でまぶたが厚い場合は、すっきりとしたまぶたにしたいと思う人が多いです。アイプチなどを使って、自分の力で二重にしている人はかなり多いです。これだけでも、十分目の印象を変えることができます。ただしアイプチは使い続けることで、まぶたに負担がかかってしまうことがあります。まぶたがかぶれるなどトラブルが起こった人は多いです。気軽に脱着が出来る一方で、肌に対して負担をかけることから、頻繁な使用には注意が必要でもあるのです。また、アイプチは毎日のように二重メイクをし続けることが大変です。慣れてしまえばいつも同じように仕上げることができますが、慣れるまでは日によってムラが出てしまうことがあるのです。しかし整形してしまえば、こういった注意点に悩まされることはありません。また、昔は美容整形に対し、取り返しの付かない治療というイメージがありました。しかし今の整形なら、メスを使わない方法もあるので元のまぶたに戻そうと思えば戻すことができるようになったのです。いかにも整形したと周りに知られるような不自然な仕上がりではありません。言われないとわからないくらい自然な印象になります。しかも、目の印象が劇的に変わります。メイクで目の印象を変えるのも良いですが、整形も捨てがたいと思いませんか。最初のうちは、アイメイクに力を入れるだけにしておきます。それから良く考えた上で、整形をするということでも良いでしょう。最近は、あまり抵抗なく二重整形する人も多くなったので、決断しやすくなっています。かなり迷うようなら、一度は美容クリニックの無料カウンセリングを受けたほうが良いです。医師と相談しているうちに、自分の気持ちが固まっていき、はっきりと決断できるはずです。

デメリットまで調べる

二重整形には大きく分けて2種類の方法があります。一つは切開法です。余分な脂肪や皮膚を切除して、二重にします。二重のラインに沿って切開するので、傷跡はまったくわかりません。まぶたを全体的に切開する方法もあれば、目頭だけ、目尻だけを切開することもできます。自分のまぶたの状態によってどれくらい切開するかを自由に決められます。また、切開してしまうので、かなりまぶたが分厚い人でもほぼ確実に効果を実感できます。ただしこの方法は、まぶたを切開するので元の状態には戻れません。そのため、一般的なプチ整形に比べると慎重さが必要な治療法と言えます。また、切開すればまぶたが腫れてしまいます。腫れが引くまでは、どんな瞼になっているかを確認できません。数日後には腫れが引いていくでしょうから、そのころになってようやく手術が成功したかどうかがわかります。今、とても人気のある埋没法は、糸を使って二重を作っていきます。この糸は、髪の毛よりも細いです。だから、まぶたをとめるために使ってもあまり違和感がないでしょう。糸を切ってしまえば、元の状態に戻れるので気軽に手術を受けられます。メスを使わないので、あまり腫れずに済むので、効果が早くわかります。ただし注意として、目を強くこすっただけで糸が切れる恐れがあります。よく目をこする人は糸が切れやすいので気を付けないといけません。どちらの方法も利点と注意すべき点があるので、それぞれ一長一短の方法となっています。二重を目指す際には、後悔のない方法を選びましょう。